MESSAGE

くまもと復興映画祭ディレクターの行定勲監督より、
今回の映画祭開催への想いが届きました。
ぜひ、ご一読くださいませ。

熊本地震からやがて2年が経とうとしています。昨年は熊本にエールを送るために、熊本市が中心となって前進の菊池映画祭と新しい仲間の力を合わせて「くまもと復興映画祭」が誕生いたしました。更に、熊本のことを想ってくれる映画人たちの協力で熊本を映画の力で元気にしたい一心で開催しました。その結果、たくさんの観客の皆さまが県内外から足を運んでいただき、どの会場にもたくさんの笑顔があふれ、私たちにとって忘れえぬ映画祭になりました。

2回目を迎える今年の映画祭ももちろん気合いが入ってます。昨年に並ぶ、いや上回る!素晴らしい作品とゲストで自信を持ってお迎え致します!是非、“観客が楽しめる映画祭”を体感しに来て下さい。皆さま、お待ちしてます!!

 

くまもと復興映画祭ディレクター

行定 勲

1968年熊本県出身。「ひまわり」(00)で第5回釡山国際映画祭の国際批評家連盟賞、翌年「GO」(01)で第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞。その後、「世界の中心で、愛をさけぶ」(04)がメガヒットを記録。以降、映画「北の零年」(05)、「春の雪」(05)、「クローズド・ノート」(07)、「今度は愛妻家」(10)、「ピンクとグレー」(16)、「ナラタージュ」(17)2018年は岡崎京子原作「リバーズ・エッジ」で(第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門オープニング作品)国際批評家連盟賞を受賞した。
また、タウン情報くまもとで連載中のエッセイをまとめた「きょうも映画作りはつづく」が発売中。

主催:くまもと復興映画祭2018実行委員会(熊本市、菊池映画祭実行委員会、株式会社 くまもとDMC)

協力:全日本空輸株式会社

特別協力:熊本県、菊池市 後援:熊本日日新聞社/熊本放送/テレビ熊本/熊本県民テレビ/熊本朝日放送/エフエム熊本/熊本シティエフエム

お問合わせ:くまもと復興映画祭2018実行委員会事務局:096-342-5722 / 菊池映画祭実行委員会事務局:080-6474-4136