今度は愛妻家

我が青春の薬師丸映画の延長上の作品としてこの映画を企画しました。

背の高い豊川さんと小さな薬師丸さんの二人がとにかく絵になった。

大人の可愛さを二人は見せてくれ、楽しい撮影だった。

映画の中ほどにあっと驚く真実が隠されています。

未見の方は前情報なくこの映画を見ることをお勧めします!

35ミリフィルム上映!!

9:00~

会場:市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)

(C)2010 「今度は愛妻家」製作委員会

夫婦には「さよなら」の前に、
やらなければならないことがある。

かつて売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)は、今はロクに仕事もせずにぐうたらな毎日を送っている。妻さくら(薬師丸ひろ子)は、そんな夫に文 句を言いながらも世話をやいている。クリスマス直前に、さくらに半ば強引に連れていかれた子作りのための沖縄旅行から1年。相変わらず、だらけた毎日を過 ごす俊介は、なぜか一枚も写真を撮ることができない。北見が浮気をしようとすると、北見の罪悪感を見透かしたように、必ず北見の前に現れるさくら。ある 日、突然さくらは「一年前から好きな人がいる」と告白し、離婚記念に写真を撮って欲しいとお願いする。

「ねぇ、写真撮ってよ。」一年前の沖縄旅行で言われた同じ言葉を思い出す北見。いなくなってみて初めて、さくらの存在の大きさに気付く俊介。近づいてきた、クリスマスの夜。取り戻せない時間の中、抱きしめあった二人は・・・。

原作:中谷まゆみ  監督:行定 勲

出演:豊川悦司・薬師丸ひろ子・水川あさみ・濱田岳・石橋蓮司

主催:くまもと復興映画祭2018実行委員会(熊本市、菊池映画祭実行委員会、株式会社 くまもとDMC)

協力:全日本空輸株式会社

特別協力:熊本県、菊池市 後援:熊本日日新聞社/熊本放送/テレビ熊本/熊本県民テレビ/熊本朝日放送/エフエム熊本/熊本シティエフエム

お問合わせ:くまもと復興映画祭2018実行委員会事務局:096-342-5722 / 菊池映画祭実行委員会事務局:080-6474-4136