僕の帰る場所

2017年東京国際映画祭で審査員として参加した

「アジアの未来」部門の作品賞と国際交流基金アジアセンター特別賞をW受賞した秀作。

日本で暮らすミャンマー人の家族。

難民認定が許されずに帰国させられる家族の運命。

とにかく、幼い兄弟の演技が素晴らしく、

知られざる世界の片隅にある問題を浮き彫りにし

世界が認めた必見の感動作!!

9:05~

会場:菊池文化会館

(C)E.x.N K.K.

祖国を離れ日本に暮らす4人のミャンマー人一家。母国語を話せず日本人のように暮らしている幼い兄弟。ミャンマーに帰りたいと日々考えている母。生活のため、仕事のある日本から離れられない父。そんな彼らのもとに届いたある通知が家族の運命を変えていく…。

主演の家族をはじめ出演者の多くに演技経験のないミャンマー人キャストを起用。1カット1時間を超える撮影手法を採用することで、子どもたちや家族のいきいきとした姿を切り取る。2013年から企画を開始、ミャンマー政府の企画・脚本検閲を通過し、2014年末に日本とミャンマー両国で撮影。2年半の編集期間を経て完成後、第30回東京国際映画祭(2017) アジアの未来部門に選出され、作品賞(グランプリ)と特別賞(監督賞)のダブル受賞を果たした。監督は本作が長編第1作目となる藤元明緒。

 

2017東京国際映画祭2017 アジアの未来部門 作品賞 / 国際交流基金アジアセンター特別賞/ シネマジア映画祭2018 最優秀俳優賞 (カウン・ミャッ・トゥ) 

脚本・監督・編集:藤元明緒

出演:カウンミャットゥ・ケインミャットゥ・アイセ・テッミャッナイン

主催:くまもと復興映画祭2018実行委員会(熊本市、菊池映画祭実行委員会、株式会社 くまもとDMC)

協力:全日本空輸株式会社

特別協力:熊本県、菊池市 後援:熊本日日新聞社/熊本放送/テレビ熊本/熊本県民テレビ/熊本朝日放送/エフエム熊本/熊本シティエフエム

お問合わせ:くまもと復興映画祭2018実行委員会事務局:096-342-5722 / 菊池映画祭実行委員会事務局:080-6474-4136