ACCESS

会場は「市民会館シアーズホーム夢ホール」「熊本城二の丸広場」「菊池市文化会館・菊池松囃子能場・望月旅館」となります。

日程と合わせて事前に確認しておいてください。

市民会館シアーズホーム夢ホール

熊本城二の丸広場

「市民会館シアーズホーム夢ホール」
「熊本城二の丸広場」

初日の特別上映会では映画「うつくしいひと」「うつくしいひと サバ?」の上映が決定!

熊本県出身の映画監督 行定 勲氏及び都市部で活躍中の熊本にゆかりのある俳優、著名人や、熊本県内市町村及び地域活性化に取り組む人々等が「地方創生版チーム熊本」として連携し、熊本の地域資源を活かし、熊本での生活などの素晴らしさを実感できる映画を製作するプロジェクト第一弾作品と第二弾作品。熊本地震を体験した行定勲監督が撮る熊本地震後の姿、今、これから。上映後特別トークショーも開催!

菊池市文化会館

菊池松囃子能場

望月旅館

「菊池市文化会館・菊池松囃子能場・望月旅館」

東京国際映画祭2017 アジアの未来部門 作品賞、監督賞ダブル受賞の「僕の帰る場所」、齊藤工監督初長編作品で六冠受賞の「blank13」を特別招待上映。また薬師丸ひろ子特集として出演作品を2作品上映&スペシャルトークショーも。8日の夜は隈府御所通りにある菊池松囃子能場にて「きくちの夜会」を開催。舞台では出演者のトークとライブも!お馴染みの「真夜中の映画祭」も開催!

市民会館シアーズホーム夢ホール

「市民会館シアーズホーム夢ホール」

DAY2に引き続き、薬師丸ひろ子特集の第三弾を始め、行定監督が参加者に見て欲しいとおすすめの新作映画を招待上映。
ゲストとのお馴染みのティーチインも実施、ここだけしか聞けない秘話が聞けるかも!?
短編映画で数々の映画賞に輝いた森ガキ侑大監督の初長編映画や『バイプレーヤーズ』のメイン監督で今行定監督が最も注目している松居大悟監督の最新作。
『うつくしいひと』『うつくしいひと サバ?』で助監督をした工藤将亮監督のインディーズデビュー作。クロージング上映は映画『いっちょんすかん』。特別企画 新進監督シンポジウム『次世代を担う監督たちを囲んで』も開催!

主催:くまもと復興映画祭2018実行委員会(熊本市、菊池映画祭実行委員会、株式会社 くまもとDMC)

協力:全日本空輸株式会社

特別協力:熊本県、菊池市 後援:熊本日日新聞社/熊本放送/テレビ熊本/熊本県民テレビ/熊本朝日放送/エフエム熊本/熊本シティエフエム

お問合わせ:くまもと復興映画祭2018実行委員会事務局:096-342-5722 / 菊池映画祭実行委員会事務局:080-6474-4136